お茶

  

赤ちゃんの栄養源

お茶を飲む女性

出産をするとすぐに母乳が出ると思われがちですが、そんなことはありません。 母乳育児に備え、出産前からおっぱいのマッサージをするように産院から指導を受けますが、母乳が出るようになるためには、赤ちゃんがおっぱいを吸うという刺激がなければ出ないのです。 そのため、母乳不足のお母さんは「もっとおっぱいを吸わせなさい」と必ず言われます。しかし、体質やその時の体や心の状態によっても大きく左右されるため、赤ちゃんからの刺激以外で母乳不足解消に注意しておくとよいことがあります。 まずは睡眠不足の解消です。これはかなり難しいことだと思いますが、家族に協力してもらうことが大切です。次に軽い運動を取り入れるのも効果的です。 そして、産院で教わった母乳マッサージも効果が高く乳管の詰まり解消にも役立ちます。他にも湯たんぽや足湯などで体を温めるのもよく、これらの事に気を付ければ母乳不足解消に役立ちます。

母乳不足を解消するためには良質な母乳をつくることも必要です。 高カロリーの食事を続ければ乳管が詰まりやすくなり母乳不足になってしまいます。そうならないために、バランスのとれた食事を食べることが大切になってきます。 授乳中は母乳に必要なカロリー分も摂取しなくてはいけないため、少し多めに食べるのは問題ありません。赤ちゃんに必要な栄養素であるタンパク質、カルシウム、鉄分に注意しながら食べるのが望ましいです。 しかし、カルシウムは赤ちゃんに優先的に届けるため、カルシウムが足りないとお母さんの骨のカルシウム分を赤ちゃんにあげることになるので、お母さんが骨粗鬆症になる原因になってしまいます。これを防ぐためには、煮干しやちりめんじゃこ、桜えび、大豆製品などを積極的に摂ることでお母さんの体も守ることができます。


オススメリンク

  • 高麗人参茶の失敗しない選び方

    体力が減退してきたという方は、高麗人参茶を服用しましょう。失敗しない選び方がこちらのサイトで書かれていますよ。

免疫力とは

冷たい麦茶

免疫力という言葉が最近至るところで利用されているのですが、この免疫力を高めるためにはまずその効果について把握しておく必要があります。このページでは免疫力について紹介します。

詳細を確認する

酵素ドリンクを飲む

白いテーセット

今最も注目されている酵素ドリンクですが、じつは50年も前から人気のある酵素ドリンクがあり今でも愛飲され続けています。酵素ドリンクは昔と比べてお手頃な価格で購入することができます。

詳細を確認する

サポニンを使う

ホットティー

肝機能を高めることや血流の改善のためにサポニンが使われることがあります。摂取の方法には大豆などの豆類や高麗人蔘それだけでなくサプリメントで簡単に摂取をすることが出来ます。

詳細を確認する

体臭の改善

歯科器具

臭いには口臭だけでなく体臭のトラブルも多くあり、これが原因でいじめや仕事が出来なくなったということがあります。体臭も口臭と同じように対策をすることによって改善をすることが出来ますので諦めないことです。

詳細を確認する