HOME>トピックス>オーダーメイドの結婚指輪を作る流れを確認してみよう

オーダーメイドの結婚指輪を作る流れを確認してみよう

結婚指輪

まずはデザインの希望を話し合う

一生ものの結婚指輪をオーダーメイドで作れるとしたら素敵ですよね。自分と彼にしか分からないデザインにしたり、他で探しても希望のデザインがなかったりした場合はオーダーメイドがおすすめです。まずはどんなデザインが良いか決めていきます。欲しいものがだいたい決まっている場合は、その画像やイラストをお店に持っていくとスムーズです。特にない場合はスタッフさんがデザイン画を描いてくれる場合もありますし、いくつかのパターンを組み合わせて作っていく場合もあります。シンプルなものが良いとか、メレダイヤをたくさん使いたいとか、希望をたくさん伝えていくと、お店のスタッフも一緒に希望に近いものを提案してくれる場合が多いです。

手

完成までに確認もできて便利

デザインが決まればプラチナやゴールドなど地金を決めたり、着け心地やお二人の指のラインによって幅を決めたりします。毎日使うものですから、着け心地はとても重要です。刻印も良い記念になるのでぜひお二人で決めましょう。仕上がりが不安だという方もいらっしゃるので、完成より前に確認することができます。金属の加工に入る前に、蝋でできて原型で確認するお店もありますし、3Dプリンターで仕上がりと同じ形のものを打ち出して確認するお店もあります。こだわりがあって結婚指輪をオーダーメイドにするのですから、出来上がってからイメージと違っていたらとても残念ですよね。きちんと確認できる工程があると安心して任せられますし、受け取りの日がとても楽しみになります。